流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

球磨川大鮎釣り大会を避けて、、、

    投稿者:漁労長    - 鮎釣り

8/26(土)am7:30球磨川到着 三波迫

今日は球磨川で大鮎釣り大会が開催されてるので球磨川の様子だけ見て

のんびり釣れる川辺川に行くことに、、、。

水位は若干低く、水も澄み渡っています。

水が綺麗な川辺川に釣りに行く人の中には、球磨川は水質がねえ、、、と言う人もいますが

そんなことはありません、とっても綺麗な水ですよ。

三波迫の瀬肩に様子見に来てみると、、、あれチューリップハットの人は、、、

昨年8月下旬のチャリティ鮎釣り大会で出会い一緒に写真を撮った事務局の方ではないかい!

広報室長が声をかけると、軽く会釈が帰ってきました。

大鮎釣り大会に参加されてるんかいなあ???

水が綺麗で流心の中の黒い石が良く見えます。

と後ろ姿を見ながら、我々は川辺川へ移動!

宮崎支部長が境田橋に先着し、我々4人が現着すると、指を1(尾)本立てて

川から上がってきました。

岸辺にテントを張りベースキャンプを作り全員で竿を出すが、う~ん、おかしいなあ?

2時間粘るが全員で数匹です。

そこで漁労長・調達係はオトリ缶を持って急遽川辺の四浦地区へ様子をみにきました。

ここの下流に入りオトリを入れると、案の定、ガッガッガア~ンでした。

野鮎をオトリに交換し、流心に入れると、またガッガッガア~ン!

調達係も瀬肩でガッガ~ン!こりゃあ~いいぞお~!

しかし2連発するも身切れでじぇじぇじぇえ~!

気を取り直してまた流心に入れるとガッガッ~ンでしたが、その後が続かず

あ~あ!で昼には境田橋のベースキャンプに逆戻り!

 

境田橋では夕方まで頑張るもほとんどあたりなし、渇水で苔腐りか???

夕方に球磨川合流点の上流に転戦した事務局長・広報室長も不調のまま日が暮れて

三浦屋に帰ってきました。

朝から球磨川本流の水の手橋近隣をやってた調理係が方のいい鮎を仕留めてました。

やはり球磨本流か、、、、明日は梨の木に行こう!

夜の宴会は人数も多く盛り上がってました。・・・疲れ果てて本日は21:30就寝

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村