流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

黒母瀬のマナイタにて

    投稿者:広報室長    - 磯釣り

2017/03/11(土曜日) 晴れ

先週は漁労長が腰痛のため不参加で、事務局長と広報係の2名での釣行でした。
小潮でいまいちの釣果でしたが、大型のクチブトをゲットできたので今シーズンの寒クロも終了かなぁ~・・・。

ところが前回勇退した漁労長はまだシーズンが終了しておらず、腰の状況が回復するにつれて磯への思いがひしひしと(笑)

そんなわけで急遽日帰りで釣行することとなり、いつもお世話になるえびす丸へ連絡
やはり、大潮で天候も良い予報だったので釣り客が多く、上がれる瀬が無いかもとのこと。

竿が出せればどこでも良いですよ~~ってことで出陣したのでした^^

当日は先に予約したお客さんから順に目的の磯へ上がります。
いつも自分達が上がっている瀬に他のお客さんが上がるのを船から見る光景も久しぶりです。

我々は一番最後でいいし、波止でも前子でもと考えてましたが、船長が向かったのは黒母瀬のマナイタでした。

先客のEさんに船長が了解をもらってくれていたようで、2名でお邪魔することになりました。
まだ、満ち潮だったのですぐ横の一段低い場所で釣りを開始。

先客のEさんの竿がつの字ではなく逆L字に曲がります。遠くで掛けた魚がグイグイもっていくようでドラッグもなりっぱなしみたいな・・・
ハリスが飛ばされ、何回か同じようなシーンを繰り返してようやく上がってきたのは磯のスプリンターヒラスでした。
オオグロ用のタモからはみ出さんばかりの青もの

その後、私の竿にもガッンとひったくられる当たりがあり、これまた道糸が出ていきます。ギギッ・ギーギッ
なんとか足元まで寄せたのですが左に走られ、正面に張り出した瀬で瀬ズレをおこしてブチッ!!
あーあ

続けてヒットしましたが、今度こそと慎重にやりとりするも、今度は右側のサラシの中にもっていかれた瞬間瀬ズレでブチッ!!

その後は当たりすらなくなり、潮もダラ~ン
漁労長も1キロくらいのオナガとキロ半くらいのチヌ、広報係はバラシばかりで釣れたのは同じくキロ半くらいのチヌ1匹

天気は最高
てか、暑くて防寒着を脱いでも汗が止まりません!! もう小春日和の域ではなく初夏の日差しです。

潮が下げてからはマナイタの西端まで歩いていけるようになり、船長の指示どおり当たった潮が左に流れる潮に乗せて釣りを開始。
すると漁労長にイサキが釣れ、今日はイサキでクーラー満タンかな!?と笑いながら撒き餌を効かせますが・・・後がつづかず。

結局、元の場所へ戻りますが下げ潮が轟々と流れ、あっという間にウキが見えなくなります。
もちろん撒き餌が効く場所もありません。

そんな中、少しずつ左へ移動しながら正面からの当たり潮が左右に分かれる付近まで移動し、なんとか撒き餌が効きそうな割れ目に撒き餌を打ちながら粘っていると、ぼよよ~んとした当たり。

またチヌかなーと思いながら合わせると、強烈な引きです。
慎重に、慎重に・・・

先週からバラシが多い広報係がようやく仕留めたのは・・・
2キロ、いや2.5キロくらいのデカイスズミでした(滝汗)⇒頭にきたので写真すらありません。

さらに同じ場所で粘っていると、今度は瞬殺の当たりで竿が曲がります。
上がってきたのは、800gクラスのオナガでしたが、本日初のクロで満足満足^^

潮も緩み、再び上げ潮が入り始めたのか??
そんな中、漁労長の竿が曲がりますが、これまたチヌ

そんな感じで粘っていると、もう回収の時間で、すぐそこにえびす丸が接岸してます!!
ひぇ~、バタバタと片付けて船に乗り込みました。

他のお客さんの中にも回収間際になってから釣れだしたと言ってる人がいましたが、船長が一言

泊まっていけばよかたい

本日の釣果はこんな感じ

チヌは刺身とフライ用、イサキは塩焼き、クロは・・

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村