流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

鮎の後の楽しみは、、、

    投稿者:漁労長    - 自作

球磨川の鰻やスッポンを竿で釣るのは鮎の年券でも可能みたいですが
延縄仕掛けをする場合は別途5000円の遊魚券が必要になる!
と事務局長が調べてくれました。

その日の鮎釣りが終わった後の楽しみに鰻 and スッポンを捕獲したいものです。
(鮎が釣れない時の憂さ晴らしか?)
そこで、この延縄を作ることに!

数日前、タックルベリーに行ったときに発見、これは!使えそうじゃないかい!
延縄仕掛けの元です、糸付きで130円でした。

これに、うなぎ針を4m毎に10本セットすることにし、延縄の先端と終端は袋に石を入れ
仕掛けを沈めるようにしました。
タックルベリーで手に入れた木枠は、なんと!糸が95mもついていたので
10本針の延縄が2本も作れました。
(5000円の遊魚券を買えば仕掛けは10本流すことができるようです)

かかった費用:糸付き木枠130円、ハリス付きウナギ針510円、石入れ網580円×2=1160円
次回の鮎釣りに行くときは5000円の券を買い延縄を試してみます。
スッポンは捕獲しても日本ウナギは少ないからねえ、、、、
うなぎは大量捕獲しないようにします。

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村