流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

鮎釣り撃沈2連発その1

    投稿者:漁労長    - 鮎釣り

7/23日 am5:30に一ツ瀬川に到着、早速中学校下に!
上流の方まで石の状態を確認に向かう!
が、????浅場にハミアトがないねえ?アレレレレ!なんで?
鮎釣り歴52年の流心会会長の見込みでは、本日の一ツ瀬川は最高!
のハズでは?
DSC_0493

会長の一人言、、、うん?何かがおかしいな!
(水量はマズマズか!浅場の石に苔がなくハミアトも?・・・????)
まっ!いいか!ここまで3時間かけて来たんやから釣るしかないか!
会長の口からは決っして、見込みが違ったとは口が裂けても出てきません!

DSC_0494

こんな感じです。はっきり言って鮎の生体反応が感じられません。

DSC_0498

それでも、会長のプライドをかけた釣りが始まりました!があ~?

DSC_0500
おっ!対岸に来た人がポツポツ掛け始めましたよ!
DSC_0501

こちら側は四苦ハ苦しながらチビ鮎がわずか数匹!
対岸の人は、マズマズのサイズを深みでポツポツ掛けてます。
会長:深い所にある石に苔が流されずに少し残っとんやろうなあ!
今日は左岸がよかばい!・・・と言っても後の祭り、しかたなく右岸を攻めるが、、、。

DSC_0502

事務局長の粘りに粘りますが、、、、掛らんのお~!

DSC_0508

漁労長は、2匹掛けた所で昼飯+ビールでお昼寝タイムに入ってしまいmました。

DSC_0506

このころ、下流で釣ってた宮崎支部長が、電話でこっちはポツポツ掛るようお~
日田の三隈川に行ってた調理係さんからも電話でお昼までに24cmを頭にツ抜け
ダヨ~ン!と連絡が入り、会長と事務局長はその後も粘りに粘ったのですが
ツ抜けには至りませんで納竿としました。
帰りはカリコボーズ温泉であったまり一路福岡へ、、、、
帰りの車の中で、大分の津江村は釣れるんじゃないかい?との会話で
明日は津江に行こう、と決定!入れ掛りを夢みて、、、、。

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村