「流心会」トップページ

流心会とは

1983年に当時若干28歳の漁労長が会長から「鮎釣り」の手ほどきを受けたことから始まり、1985年に事務局長が新たなメンバーとして加わったことを機に「流心会」と命名しました。

流心会:釣りの魅力でがどこまでも流されること

【熊本県人吉市 球磨川 戦の瀬にて撮影】

 

春のおとづれとともに渓流へヤマメを追い求め、6月の鮎の解禁とともに球磨川を中心に鮎釣りへ各地に出没。磯の雑魚が姿を消す頃には五島列島でグレとの格闘に明け暮れる。

「流心会」は、老体にムチ打って、清流・激流・荒磯と戦い続ける釣りバカ倶楽部です。

 

いや~、ワラワラはいつ見てもいいですね~(笑)

カウントダウンタイマー

メニュー


活動ブログ


リンク


会員専用


便利な予約サイト

ページランク

presented by LUNA-WEB and LEAF-LABEL