流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

自作タモ 2016年モデル(笑)

    投稿者:広報室長    - 自作, 鮎釣り

2016/02/20(土曜) 雨

今週も週末は雨の予報で気圧の谷が通過するため強風らしくクロ釣りは断念^^;;
仕方ないので室内でコツコツと鮎タモを自作してます。

最初に作ったタモは枝ぶりも良く最初にしてはなかなか良くできたのですが、シーズン終盤に足袋に砂が付いた状態で河原をあるいていてズッコケてしまい根元からボキッ!!
DSCF0968

応急処置でなんとかシーズン中は使えたのですが
IMG_0128

漆の色も大不評だったので、翌シーズンに向けて2作目を作成
このとき、枝の接続部分に下の写真の接着剤を選び
IMG_20160220_165212

きれいに接着できたように見えたのですが・・・
2015021501

こいつの接着力が弱く乾燥途中で外れて、再度接着する羽目になり、接着部分を削りなおした結果、直径は小さくなるし、乾燥後半でのトラブルで思うように曲げられず接続部分が歪になりました。
IMG_20160220_165515

枝の接着部分には、定番の2液混合タイプがベストのようです!!
IMG_20160220_165413

2作目の2015年モデルは幹が大きな原木から飛び出した枝の部分を使ったのですが、少々枝が太かったことも不満要素となり、今回3作目となる2016年モデルの制作に取り掛かりました。
正月に原木探しをして3本の候補となる枝を乾燥中なのですが・・・
IMG_20160220_165742

この金属の枠に固定して乾燥中の2本は、枝が細すぎるような気がしてます。
IMG_20160220_165634
IMG_20160220_165858

そこで、2作目と同じくらいの原木も念のためキープして、削り出して細くしてみようとチャレンジ中です。
でも、この枝は左右が多少段違いに出てるので格好が悪いんですよねー
IMG_20160220_170058

タモの制作過程は過去の記事「鮎タモ自作 完成までのポイント」を見ていただくとわかりやすいと思いますが、追加のポイントを以下にまとめました。

ポイント
①十字架のように同じ場所から左右に張り出した枝が良い
②張り出した枝の太さは直径1cmくらいが良い(1.5cmもあると太すぎる)
③枝を接着する部分の接着剤は2液混合タイプが良い。できれば接着部分を竹串で補強したほうが良い・・・と思う(汗)

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村