流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

イカリ針巻き付け時の便利グッズ

    投稿者:広報室長    - 便利グッズ, 鮎釣り

ホームページでは「オプション無しでも大きい鈎を巻く方法について」というページで紹介しているのですが、実は広報係は常時この方法で巻いてます。

なぜなら、私が購入した針巻き器の針をセットする台って高さ調整は面倒だし、細軸の針をホールドして締め付ける(ネジ式)と軸自体がねじれを起こすんですよ!!
IMG_3068

高さ調整をちゃんとしていないからだよ!!と言われそうですが、とにかく添付品の台は使わず、軸の太さに応じて3種類のチューブを使い分けて巻いているのです。

今回は事務局長からもらった8号の新改良トンボを巻いてみます。
まず、チューブに3本の針を差込み(3本イカリの場合)、ホルダーの溝に近い形にセットします。
IMG_3049

次にホルダーの溝に針を合わせて仮締めします。
IMG_3050

仮締めの時点で針の軸の高さを合わせます。
IMG_3056

ホルダーを少しずつ本締めしますが、このときチューブの上から針の根元を持って、3本の針の根元の形が崩れないようにします。
IMG_3057

ホルダーの締め付けが終わったらチューブを外して、根巻き糸で巻いていきます。(撮影のため手を放したので緩んでしまいましたが・・・)
IMG_3061

根巻き糸の締め付けが終わったら、某100円ショップの瞬間接着材をサっと浸み込ませます。
着けすぎ禁物です。浸み込ませたらティッシュペーパーで余った接着剤を吸い取ってください。
IMG_3063

万が一の抜け防止に針の先端に出ているハリスにコブを作って余りをカットします。
IMG_3066

週末に向けて量産してますが・・・
天気予報はいまいちなので、お祈りするばかりです。
IMG_3069
今度こそ球磨川で釣りができますように!!

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村