流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

2015/08/23 球磨川本流へ移動

    投稿者:広報室長    - 鮎釣り

2015/08/23(日曜日) 晴れ

午前中は川辺川の上流を探索しましたが、この日は当たりも無く撃沈。
更に上流のポイントも絞り込んでいましたが、前日の釣行で打撲した事務局長が釣りどころでは無い状況もあり・・・
「人吉方面の病院へ行ったほうが良いのでは!?」と心配する声があり、球磨川本流へ移動することになりました。
DSCF4464_1

ジリジリと照りつける日差しで支流からの水温は27℃、本流の際も26℃で少し深い場所でやっと25.5℃。
DSCF4465_1

さーて、誰か先に釣ってくれないとやる気になれんなぁー
DSCF4466_1

上空には誰かの○ポコみたいに聳え立つ雲
DSCF4476_1

たった1分でご覧のように昇り竜が消えていきました。
DSCF4477_1

打撲症の事務局長は病院にも行かず、釣りを決行すると言うので広報係のヒップガードをサポーター代わりに巻きつけて竿ベルトなどで補強して出陣(滝汗)
DSCF4479_1

広報係はガンガン瀬の中で粘っていましたが、雰囲気はあるものの無反応。
瀬尻付近では打撲症の事務局長が走り回っています。
上流で大鮎を掛けた漁労長も加わりましたが・・・
DSCF4482_1

あれっ!?

漁労長の背中にぶら下がっているのは黄色の腕章!!

え~と、今年の球磨川はピンクなんですけどー
それぞれの川に着いたらまず遊漁券を付け替えてから竿を出しましょう(≧∇≦)b
DSCF4483_1

15:08 下流の鉄橋を下りのSLが走っています。
DSCF4491_1

打撲症の事務局長が一足先に納竿したので、その場所で釣ってみると直ぐに広報係にも当たりがあり、慎重に寄せてハナカン仕掛糸をつまんだ・・・と思ったら、水中糸のアーマード

その瞬間プチッと音がして2匹の鮎が流されて行きます。
必死でタモを差し出しますが流れが速く、あっと言う間に見えなくなりました(ToT)

切れたと思った水中糸を確認するとチチワは切れずに残っていたので、テンションの急な変化にPEのチチワが追従できず、ぶしょう付けがすっぽ抜けたようです。

気を取り直して、仕掛を作り直し次のおとりを放つとまもなくガッガーーーッ!!
丸々と太った鮎が掛かったので、この元気な野鮎をおとりに・・・
DSCF4501_1

すると再びガッガーーーッ!!
時間は16:00ちょい前

いよいよ、夕まずめタイム!!

と思ったら、事務局長からの入電!!
「みんな上がってきて着替えも終わっとるばーい」

どうやら事務局長が釣りどころでは無い様子なので早めの納竿としたようです。

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村