流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

7/15~17鮎釣遠征・・・その2

    投稿者:漁労長    - 鮎釣り

前日は一ツ瀬川でした、7/16日は川辺川の境田橋に来ました。
20~30cmぐらいの増水で濁りも随分とれて来てましたが苔が少ない
ような気がします。それでもハミアトはポツリポツリあり。
日陰を選びベースキャンプ設営

境田橋です。・・・午後からはここに子供達が集まり橋の上からのダイブを
楽しんでいました。
橋の近くにいた鮎釣師の方は苦情も言わず、子供たちに場所を
譲ってました。・・・・地元民優先ですね!

いつもと違い水が高いと押しも強いですねえ。

境田橋下流の景色、青い空白い雲澄んだ水、、、気持ちいいですね

やや増水のため広報室長は水の少ない右岸を調査中!

左岸の本命筋ですが鮎が掛るのは芯より手前のやや浅目の場所でした。

7/17最終日は球磨川との合流点の川辺川にはいりました。
奥に見えるのが球磨川鉄道の赤い鉄橋です。

鉄橋の上流は鮎が掛らずかなり上流の左岸まで来ましたが
ここも水がやや高いので流心より手前や左岸の葦が生えてるキワに
オトリを入れるとガガガッガ~ン~ おお~きたあ~!ですが
しかし掛る場所が限られていて、瀬全体どこでも掛るという訳では
ありませんでした。

手前の石がある所から葦が生えてるところまでで掛りましたよ。
この場所はオトリを入れるとすぐに、目印がギュ~ンと、、、、イレガカリ
河原の上から釣ってるので抜き上げもラクチンでした。

広報下長もこの場所で結構楽しんでいて、
苦戦する会長に背掛かりオトリ届けに行くほど余裕でした。
(広報室長:会長お~ オトリいりませんかあ~)
(会長:おお~元気のある奴を持ってきてくれえ~)

今日は福岡まで変えるので早めに15:30で竿をたたみました。
max25cmは会長が鉄橋したで釣りました。

帰りには定宿の三浦屋温泉ビジネスホテルで、ゆっくり温泉につかって
からの帰路となりました。

地元の友釣り鮎師の方の話では球磨川本流は増水ながら
2~3日前から市内で28cm級が結構釣れてるとの事でした。
球磨川・川辺川が釣れてない情報があり、流心会常宿の三浦屋には我々以外の
釣り客はいらっしゃいませんでした。

川辺川もそれなりに釣れるしハミアトも昨年よりはいいように思えるし
地元の鮎名人も今年は鮎はイッパイいるぞ!と力強く言われてました。
今回の遠征では球磨川本流はほとんど調査して無かったので今週末は
2日間の遠征ですが球磨川本流ポイントにもオトリを入れてみます。

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村