流心会活動ブログ|鮎釣り・渓流釣り・磯釣り

釣行の記録や便利グッズの紹介など

どうした五ヶ瀬川!天然遡上鮎減少?ハミアト減少!

    投稿者:漁労長    - 鮎釣り

2014年7月下旬に五ヶ瀬川に鮎釣りに出かけて見ました。
五ヶ瀬川には30数年間通っており、毎年何回かは福岡から長時間掛けて釣行していましたが昨年は大水もあり状況があまり芳しくないとの事だったので釣行を見送り、今回は2年ぶりの五ヶ瀬川遠征となりました。
19日-21日は連休ということもあり、2泊3日で五ヶ瀬の鮎釣りを堪能できると、大いに期待したところでした。

20140721蔵田の瀬

釣行の1週間前まで増水し今週になってやっと水が引き始め、若干増水ぎみながら何とか釣りにはなりそう!
という事で遠征を決行、朝早く日之影の上流に到着し川の状態を見ると水がとっても綺麗で澄みきっていました。
きっと増水した時に川が綺麗にされたんじゃないかと思います。
苔もマズマズのように見えます。
しか~し!鮎のハミあとが極端に少ないため、まだまだ上流の方まで鮎が登って来てないのか?と判断し上流から下流まで7箇所のポイントを釣ってみましたが、ポチポチと鮎が掛るポイントはありましたが、まったく反応がないポイントが多くオトリを循環させるのが、やっとこさ、という状況でした。

そこで、地元の方に鮎の遡上や放流の事などを聞くと、今年は天然遡上はあるものの数が少なく、下流での放流4,000kと上流での放流100kとのことでした。
稚魚が1匹7gで計算すると、約58万6千匹の放流+数少ない天然遡上という事になります。
それでも下流での放流には約8百万の費用がかかったとおっしゃており、鮎の数が少ない事を嘆いておられました。
その方が言われるには、五ヶ瀬川に来る鮎釣り師を満足させるには、ざっくりで約1億円の費用がかかるといわれてました。
年券が1万円なので釣り人が1万人訪れてくれれば1億円ですが、、、!

そんな話を聞いているうちに、えっ!本当ですか!うそでしょう!
耳を疑うような話が飛び出したのです!
そこで、宮崎県の公開情報や宮崎県内水面漁協の公開情報を調べてみると、やっぱりそうでした!

それでは、鮎釣ファンとしては五ヶ瀬川の悲しい、悔しい、物語をお話します。

・地元の方が言われるには!
1.河口では2月上旬から3月中旬まで、海の漁師が網で鮎の稚魚を大量に採補している!
2.そのことが宮崎県知事の許可で昔から行われている!・・・調べてみると昭和37年からでした。
3.採補漁は2,000kgと定められているが、どれだけの量が採補されているのか我々にはわからない!
4.鮎の稚魚を河口でとって、県外に出していることを許してるのは、宮崎県と鹿児島県だけばい!

・公開情報よりわかった事!
1.宮崎県知事は、天然稚魚の遡上が少なくなったこと、鮎の養殖漁業が盛んとなり鮎稚魚の特別採補を昭和37年に許可。

2.しかし昭和48年には、これでは遡上してくる稚魚を養殖業者に独占されているという現状に対し、本来、海面特別採補は河川への人工放流を目的として始められたものである!として、県に抗議!

3.特別採補した稚魚は本来は宮崎県内の業者に引き取られるとの情報もありますが、県外へ出している記録があります!
もっともこの記録からだけでは、その稚魚が五ヶ瀬川のものかどうかは断定はできませんけど。
地元の川に鮎が少ないのに県外に稚魚を出さないほうがいいんじゃない!

・2012年 4/15日400kg 5/12日200kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2011年 4/15日400kg 4/16日200kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2010年 4/ 9日400kg 4/10日200kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2009年 4/11日400kg 4/14日200kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2008年 4/11日400kg 4/17日400kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2007年 4/ 8日400kg 4/14日400kg 山口県にて宮崎海産を放流
・2006年 4/ 9日400kg 4/23日400kg 4/30日200kg 山口島根、宮崎海産を放流
・2005年 4/15日400kg 4/19日400kg 4/30日200kg 山口島根、宮崎海産を放流

【結論】
宮崎県知事どの、宮崎県漁協業関係者どの、釣り人どのへ!
五ヶ瀬川の天然鮎が減少し、地元の漁業関係者・観光関係者・県内外から来る鮎釣りファンは鮎が少ないせいで大変苦労されています。
・・・稚鮎を河口で取らず天然遡上させ五ヶ瀬川を潤いある地域にしてほしいものです!
・・・素人考えですが、立派な天然鮎の稚魚をワザワザ養殖物にせんでもええんじゃないのかなあ!天然鮎は五ヶ瀬川で自然にそだてましよう!
・・・また、釣り人も五ヶ瀬川を更に綺麗(来た時よりも美しく)にし、鮎の産卵場所が増えるように全員で頑張りましょう!

五ヶ瀬川で楽しい鮎釣りがしたい、ヘタクソ鮎釣り師より!

・関係公開情報
http://www.miyazaki-ngr.jp/contents/archives/1694
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=36878
http://www.kitakawamori.jp/wp-content/uploads/2010/02/8A79825183728385815B8341_1.pdf

釣り場の紹介などは⇒「流心会」ホームページへ

↓↓ にほんブログ村のランキングに参加中です。応援ポチっとお願いします!!
にほんブログ村